25 11月

私が体験したいじめ

もう24年程前ですが小学校,中学校時代にいじめにあいました。小学校の時は担任教師からもいじめられました。中学校は小学校の同級生に他の小学校からの集まりなので、小学校からのいじめの延長でした。
小学校時代のいじめは、私の出来が悪い事でした。私の父は市議会議員をしていました。議員の子供のくせに勉強もできないと担任教師から毎日言われました。出来ない事に何か言うと言い訳ばかりと怒られ、あなたのような子供を持ち、お父さんはさぞ恥ずかしいでしょうと2年間言われました。担任教師が言うのです、子供が真似をしない訳はありません。同級生からも毎日、同じ事を言われ、いじめられました。何度も死んでしまおうと思いました。毎日、どうやって死のうかと考えていました。地方政治家が特別偉い訳ではありません。政治家の子供が品行方正で文武両道ではありません。今であれば、そう言い返す事も出来たのでしょうが、あの時は何も言えませんでした。ある時、クラスの中でシカトゲームが流行りました。一週間一人シカトをする、一週間ぶりずつ交代するというもの。いじめのリーダー格だった子がたった2日で自殺騒ぎを起こしました。自分で言い出したゲームなのに。辛いから死ぬと大騒ぎしました。その時思いました、こんな馬鹿な奴らのために自分が死ぬ必要はないと。自分で言い出したゲームで自殺騒ぎを起こす、結局他の子達が怒られる。その子と親に謝る、騒ぎを起こしておいて反省もしなかった姿を見て、馬鹿馬鹿しくなりました。その時の担任教師の対応、この子が言い出したゲームですと親にも説明できず、ただ言いなりになり、他の子供を謝らせる。こんな教師なんだ、あと数ヶ月我慢すればいいんだと気持ちを切り替えました。確かにその後の毎日も辛かったです。ですが、何か言われる度にあんたのために死んでなんかやらない。教師のくせに自分の身だけを守るあんたなんかに、自分で言い出したゲームを他の子のせいにするあんたなんかにと思い、耐えてきました。
私は幸運だったのかもしれません。そんな場面を見て、気持ちを切り替える事もできましたし。今、いじめにあっている子供たちに言いたいです。いじめっ子は必ず大人になったら自分達もいじめられるのだと。(実際、私の同級生のほとんどは就職していじめにあいました。何人かは引きこもりになっていました)。また最近ではいじめ被害調査24時のような優良サイトもあります。いじめっ子は、実際とても弱い事も、弱いからそれを隠すためにいじめるのだと。そんな同級生のためにあなたが死ぬ必要はないと。

23 11月

嫌がらせを受けて彼女と別れた話。

私は嫌がらせをされた事があります。
当時私は彼女がいて性格が合わず別れ、1ヶ月後には新しい彼女が出来ました。
新しい彼女とは性格が合いとても仲が良かったのですが、付き合って2ヶ月した時には変な噂を流されていました。
私が色々な女を抱いてるや性病持ちなど嘘の噂が流れ、私は最初イライラしていましたが気にしないようにしました。
すると噂は落ちついたのですが今度は彼女とデートをしている写真を校内にばらまかれました。
これも普通のデートだったので気にせずにいて、逆に皆には仲良いと自慢をしていました。
ですが嫌がらせがどんどんエスカレートをして私の彼女直接に元カノとの写真を見せていました。
彼女に誰から見せてもらったと問いただすと私の元カノが犯人でした。
元カノを呼び出し聞いてみると謝ってきたので私は許したのですが、それからまだ彼女に対して色々な写真を送りつけて彼女は嫌がらせに耐えれなくなり、別れる事になってしまいました。
それからは嫌がらせはなかったのですが、とても辛かったです。

23 11月

いじめで死を覚悟した1年間

小学校5年の時クラスでは、ある一人の存在でいじめが横行するクラスとなりました。その一人に嫌われるとクラス全体は一斉に無視が始まります。そのためいつもその一人の顔色を伺いながらの登校を余儀なくされました。周期的に無視される順番が回ってくるような状態で、その時は、学校に行くのが恐怖でしかありませんでした。ある日、あまりのも酷いためその一人に意見を言ったところ「よく言った、気に入ったので家で一緒に遊ぼう」と家に誘われました。私の地元は雪国ですので、家の前では雪像を作ったり、かまくらを作ったりしていました。その人の家に行くと、複数人の友達も来ており、かまくらに入って遊んでいました。すると突然友達全員がかまくらを出ていったとたん入り口を塞がれたのです。中は真っ暗となり、何が起きたのか理解が出来ませんでした。その時です、中に向かってパチンコ玉が降ってきたのです。なんと外から全員でパチンコをかまくらに向けて打っているのです。次々に打ち込まれるパチンコ玉が体に当たり私は死を覚悟しました。やっと出してもたらった時に見た、全員の喜んだ顔が今でも頭から離れません。それからというもの、毎日のように無視されし続けました。時には、体を抑えつけられ空気銃で目を撃たれて、病院に行くこともありました。それでも親には相談出来ず、1年間耐え続けるしかありませんでした。中学に入りその友人とは離れることになりましたが、あの1年間で経験したことで今でも暗所恐怖症に悩まされています。やった人間は覚えていないものですが、いじめを受けた人間はその後も後遺症に悩まされ続けるのです。ニュースでいじめの話題が出ると胸が苦しくなります。いじめがこの世から無くなることを切に願います